【トロント部屋探し】アパートメント・コンドミニアム編(日本でいうマンション)

カナダ・トロントで部屋探しといえば、シェアハウスのお部屋または学生寮を1ヶ月単位借りるというのがワーホリ・学生の方には一般的かと思います。海外赴任で海外に住むことになった方や、「私は、シェアハウスではなく自分だけでアパートメント(日本でいうマンション)に住みたい!」なんて方のために、ご紹介させて頂きます。

コンドミニアム・アパートメント探し

1. アパートメント・コンドミニアムって何?

一番初めに、カナダに来て「マンション」とカナダ人に言ったところ・・マンション=大豪邸、高級マンションという意味らしいです。なので、「日本でマンションに住んでいるんだ」=「日本で大豪邸に住んでいるんだ」ということになってしまいます!!!気をつけましょう。

そして、カナダでは日本でいうマンションのことを「コンドミニアムまたはアパートメント」と呼びます。基本的に、トロントにあるほとんどのコンドミニアムやアパートメントでは、家具は付いていません。

コンドミニアムとは

コンドミニアムは、基本的に大きなビルディングで、施設内にはジムやスイミングプールなんかが付いています。貸主は、スーパーテナントというビルを管理している人もしくは不動産会社、またはオーナー個人がしている場合などあります。

アパートメントとは

アパートメントとは、1Kや1LDKなどのことです。なので、コンドミニアムに入っているお部屋もアパートメントと言います、また一軒家の1階部分もアパートメントと言います。

2. カナダでは1K、1LDKは通じない!?

日本でいう、1K、1LDK、2DKなんていう言葉はカナダでは使いません!
基本的に、バチェラー(=1K)、ワンベッドルーム(=1LDK)、ツーベッドルーム(=2LDK)・・と呼びます。ワンベッドルームは、基本的にキッチン、リビングルーム、寝室、バスルームになり、日本のものに比べると大きめのものが多いです。場所によっては、ランドリールームが付いていたり、駐車場があったりもします。お風呂は基本的にユニットバスです。

3. 借りれる条件

借りるときの条件として、デポジットとして最初の月の家賃+最終月の家賃を払うことが基本です。2ヶ月目の家賃は普通に支払い、約2〜1ヶ月前には申告し、最終月の家賃は払わないとなります。稀に、次の人を見つけないと最終月分が返ってこないなどありますが、これは法律で認められていません!英語ができないからとうまく利用しようとしている可能性大です、注意しましょう。また※コンドミニアムの場合、6か月分を前払いする必要がある場合も少なくありません。またクレジットチェック前オーナーからのリファレンス等借りる場所によってことなりますが、必要書類の提出をして、オーナーまたはスーパーテナント、不動産屋の許可がおりれば、借りれるというような形になります。

4. トロントの家賃相場

近年、トロントの住宅相場の値上がりが続いており、その流れで特にアパートメントの料金は高騰しています。シェアハウスの場合、光熱費・水道代・インターネット代等、すでに部屋料金に含まれていることが多いですが、アパートメントの場合、貸主にもよりますが、光熱費・水道代・インターネット代等すべて自己負担になることも少なくありません。何が家賃に含まれるのか必ず確認しましょう!家賃相場(2016年11月現在)になりますが、まとめてみました。

Bachelor(バチェラー) : 900ドル〜
1BR(ワンベッドルームアパートメント): 1200ドル〜
2BR(ツーベッドルームアパートメント): 1600ドル〜
3BR(スリーベッドルームアパートメント):  3000ドル〜

※もちろん、ダウンタウンや地下鉄の近くになればなるほど金額も上がっていきます。
東京に比べると部屋は少し広めですが、それにしても日本と同じくらいの家賃相場です。

5. アパートメント・コンドミニアムの探し方

日本人の方で部屋探しというとe-mapleが一般的かと思いますが、アパートメントやコンドミニアムの掲載は、ほとんどありません。そこでこれからアパートメントやコンドミニアムを探す際に役立つ情報をご案内します。

クラシファイドサイト①: viewit.ca (ビューイット)

View itは、エリア・家賃相場・お部屋のサイズを指定して、当てはまったものを検索してくれるクラシファイドです。貸主は、不動産会社から個人のオーナーなど。Viewit.caは、最新情報も多く、他のクラシファイドに比べても信頼できるものが多いので、とても使えます!

クラシファイドサイト②、③ Kijiji(キジジ) / Craigslist(クレイグスリスト)

スクリーンショット 0027-12-16 11.00.25 PM

KijijiやCraigslistは、Viewitに比べると安価なものが多いです。Viewitと合わせて確認しておきたいクラシファイドの一つです。但し、viewitと比べると少し古い情報だったりするので、問い合わせたら、すでに貸し出されてしまったなんてことも多々あります。

またスパム目的の場合のリスティングもあるので、変に安すぎるものや怪しいものには気をつけましょう。

クラシファイド④ Airbnb

Airbnbでは、オーナーの方が1ヶ月単位でアパートメントやコンドミニアムを貸している場合があります。こちらは既に家具や必要なものはすべて付いていることが多いです。

▶︎初回の宿泊で50CAD OFFになるクーポンをゲットする場合はこちらへ。

最終手段:歩いて探す!

歩いていると「For Rent」「For Lease」など看板が貼り付けられていることがあります。基本的に料金や何部屋あるかなど、そこに書かれている電話番号に電話をして確認になりますが、オンラインでは探しきれないお得な物件などを発見することができる場合もあります!

 

まとめ。

最近では、住宅市場の値上がり、政府の税金対策のため、トロントの家賃相場は急激に上昇しています。貸主と借主間を避けるため、オーナーや不動産会社は、クレジットチェックや前のオーナーのリファレンス(紹介状)や家賃を賄える収入する証明書の提出など求めることも多いです。新しい家が見つけられるまで、家探しにかかる期間は、約1〜3か月ほど考えておいた方が良さそうです。

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA