留学先を決める前に要チェック!カナダで勉強するメリット・デメリット。

「留学は決めたけど、どの国がいいの?」英語圏での留学先は、イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピン、フィジーなど様々あります。間違いなく「カナダ」は留学候補の一つの選択肢になってくるかと思います。

留学先を決める前に知っておきたいカナダのメリットとデメリット

留学先の選択は、本当に重要!留学先に選んだ国が何かの縁でこれから将来ずっとお付き合いしていく国になるかもしれません。そこに行ったことがあるから留学後の就職先もその方面になるかもしれません。

今回、留学先を決める前に知っておきたいカナダのメリットとデメリットをご紹介します。

  1. メリット
  2. デメリット
  3. まとめ

それでは順番に見ていきましょう!

メリット

1. きれいな英語

グローバルスタンダードと称されるカナダの英語。一般的に発音がきれいで標準的な英語が使用されていることがあげられます。「聞き取りやすく標準的な英語が身につく」その証として国際報道メディア(CNNなど)がカナダ人のニュースキャスターを好んで採用することは有名です。以前はイギリス領であったこともあり、イギリスとアメリカの中間に位置するアクセントと言われています。

ただ、私が思うにとてもアメリカ英語に近いと思います。

方言なども特になく、とても聞きやすく英語を勉強する場所としては最高!

2. 多国籍の中で生活する

カナダは「人種のるつぼ」!本当に多種多様な人種が集まる国。ミーティングに行ってそこにいる全員の人にどこ出身って聞いたら誰一人同じ国の人がいない!ってくらい本当にいろんな国から人が集まるカナダ。

多国籍の中で生活することは、新たな発見・日本を新たに知るきっかけ・大きく価値観が変わるきっかけにつながると思います。

もちろん、人種差別も全くなく、インターんし

カナダは移民の国。「カナダ人」といっても、様々なバックグラウンドを持った人たちが、移民しているため肌の色や眼の色、顔つきなどもバラバラ。「Where are you from?(出身はどこですか?)」よりも「Where are you originally from?(もともとの出身はどこですか?)」と聞く方がしっくりくるのもカナダ独特なんではないでしょうか?^^

まるで、カナダにいるだけで、世界一周している気分!笑

3. 治安の良さ

エリアにもよりますが、日本よりも治安がいいのでは?と思うほど、治安がいいです。世界で最も住みやすい都市ベスト10にも常連でランクインしているカナダ。その理由の一つに、治安の良さが挙げられます。夜も24時間交通機関が運行しており、朝から夜まで問題なく街を歩くことができます。

但し、トラブルに巻き込まれる人はどんな安全なところにいても巻き込まれます。安全だからといっても最低限の注意はもちろん必要!例えば、「知らない人にはついていかない。」「自分の荷物を置いたままにして、トイレに行く。」などなど。

普通に生活している分なら、特に問題なく生活できると思います。

4. 語学学習には最適

カナダの大都市にある語学学校では、カリキュラムや受けられるコースも充実しています。

英会話、ライティング、グラマーなど基本のコースに飽きたら、ビジネス・翻訳コース、TOEICなどの資格取得コースなど。

もともとインターナショナル・スチューデントが多いため、ホームステイやインターンシップ・ボランティアの受け入れもたくさん

5. アメリカ・中南米への旅行がしやすい

日本からだとなかなかいけない、アメリカ・中南米もすぐそこ!アメリカへのフライト数も多く、短期間格安で行くこともできちゃう!日本から中南米へ行くと行くだけで1日かかってしまう中南米へもカナダから直行便が出ている都市が多く、時差も少ないため、旅行にも最適!

デメリット

1. 気候

カナダの夏は、20度から30度ととても過ごしやすく最高!

なんですが、カナダの冬は、とにかく寒い!−20度、−30度なんて当たり前。また日本に比べて冬の時期が長い。

大体11月くらいから寒くなり、5月ぐらいまでジャケットがないとダメです・・。

サマータイムが終わると日照時間もとても少なく、家にこもり気味になってしまうかも。

カナダに行くか、オーストラリアに行くか悩んだ時、決め手になったのは「気候」でした!オーストラリアだと遊んじゃうよ!ビーチも多いし、過ごしやすいし。と言われ、カナダに決定!カナダは、特に英語の勉強に集中したい人にはとてもおすすめ

2. 冬が長い

夏はサマータイムで、日中の日照時間が長く、夜の9時くらいまで明るいです。但し、冬になると午後4時くらいで真っ暗、朝も8時くらいまで真っ暗。冬が日本に比べて長い。だいたい10月下旬くらいから5月上旬まで寒い日が続きます。

3. 留学費用

格安留学で知られるフィリピンやフィジーなどに比べて留学費用は高め。

ホームステイも1ヶ月で約7〜8万円は基本。税金も他国に比べて高いです。特に外食は、消費税の13%に加えて、チップ

但し、イギリスやアメリカなどの先進国に比べれば、円高の影響もあり安く留学できます。

まとめ

以上、留学先を決める前に要チェック!カナダで勉強するメリット・デメリット。でした。

私の留学決定の決め手は、「きれいな英語」、「多種多様な文化」でした。両親からは、アメリカは怖いけど、「カナダなら治安が良くて安心」とのことでした。またアメリカに比べて人種差別は全くなく、語学留学する学生に対して、全く抵抗なく接してくれます

デメリットは、「気候」!夏は最高、冬はとっても寒いカナダの気候。但し、全ての家にはセントラルヒーティングがつけられていて、屋内ではTシャツ一枚でも大丈夫なくらいあったかい。笑

英語を本当にマスターしたい方、異文化を体験したい方には、オススメの留学先になると思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA