出生証明書(Birth Certificate)の取得方法。

カナダへの移民申請の手続き、パスポート以外での政府発行の身分証明書の提示などで、海外生活中に出生証明書が必要が出てくるかと思います。今回、カナダで出生証明書を手に入れる方法について簡単にご紹介します。

カナダで出生証明書(Birth Certificate)を手に入れる

カナダでは、移民申請の手続き、2つの政府発行の身分証明書の提示などの際に、人によって出生証明書(Birth Certificate)という書類が必要になる場合があります。出生証明書とはなんなのか?どこで手に入れることが可能なのか?など詳しく見ていきましょう。

出生証明書(Birth Certificate)とは

海外では、出生証明書(Birth Certificate)という書類が存在し、自分の出生(出生の事実・出生日・出生地・父母)を証明しなければならない時には、その書類を入手・提出することによって事実を証明します。

ちなみに日本には出生証明書(Birth Certificate)という書類は存在せず、取得することができません。市区町村などの役所に問い合わせをしても、出生届受理証明書を受け取ることはできても出生証明書というものの発行はしません。また出生届受理証明書は、一般的に、自分ではなく両親のみ受け取りが可能です。また出生届受理証明書と出生証明書は異なります

どこで手に入れる?

先ほど話したように日本で出生証明書は取得ができないということはどこで手に入れられるのか?と疑問に思った方もいると思います。海外の日本大使館もしくは日本領事館で取得することができます。全て英文で出るので、翻訳の必要はありません。

Consulate-General of Japan in Toronto (在トロント日本国総領事館)

トロントで出生証明書を取得する場合は、トロントにある日本領事館へいきます。

電話        : (416) 363-7038

所在地    : 77 King St W #3300, Toronto, ON M5K 1A1

受付時間:
月曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
火曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
水曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
木曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
金曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
土曜日 定休日
日曜日 定休日

発行には、何が必要なの?

原則として、出生証明書を発行される本人が領事館へいく必要があります。出生証明書の申請から交付まで、通常一週間かかります。

必要書類

  1. 発行日より 6ヶ月以内 の戸籍謄本または抄本
  2. パスポート原本
  3. 申請書(ダウンロードPDF

申請書は、領事館でもらい、書くことができるので印刷して持っていく必要は特にないです。また戸籍謄本・抄本は、提出後戻ってきませんので、他にビザ申請等で必要な場合は、念のため余分に日本から持ってくることをおすすめします。

手数料
$14
手数料は、出生証明書を受け取る際に現金で支払います。お釣りがないようなので、ぴったりと持っていきましょう。

まとめ

以上、「出生証明書(Birth Certificate)の取得方法」でした。

海外にある日本領事館または大使館へ日本で6ヶ月以内に発行した戸籍謄本または抄本とパスポートがあれば約1週間で手に入れられます。ちなみに海外から戸籍謄本や抄本を市区町村へ問い合わせて取得するのはとても面倒です。日本にいる家族の方がいるのであればお願いするのが、一番早くて簡単です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA