超簡単!日本からカナダへの運転免許証の書き換え方法。

難しそうに聞こえるカナダの運転免許証の取得。日本で既に持っていれば、簡単に免許の切り替えが可能なんです。運転免許証があれば、車の運転はもちろん、わざわざ身分証明のためのパスポートを持ち歩く必要もなくなります。今回は、超簡単!日本からカナダ・オンタリオ州の運転免許証の書き換え方法についてご紹介します。

日本の運転免許証をカナダ・オンタリオ州の運転免許証へ切り替える

日本の運転免許証を所持者は、筆記試験及び実技試験が免除

1992年12月よりオンタリオ州の運転免許取得の際に、日本の運転免許証を所持している場合、筆記試験及び実技試験をせずに運転免許証の取得ができるようになりました。もちろん日本は左側通行、カナダは右側通行などカナダと日本では運転規則が異なります。免許の切り替え時に運転規則(The driver’s Handbook)を運転免許発給機関(The Ministry of Transportation)で入手することができます。カナダで運転をする前に入手をして目を通しておくことをお勧めします。

日本の運転免許証を取得してから2年以上の方

日本の運転免許証を取得してから2年以上経つ方は、自動的にG Driver’s Licenseが取得できます。このG Driver’s Licenseは、特に制限なく普通自動車を運転できるライセンスとなっています。

日本の運転免許証を取得してから2年未満の方

日本の運転免許証を取得してから2年未満の方、もしくは一度運転免許証を失効して再交付などを受けてから2年未満の場合は、G2 Driver’s Licenseの取得が可能です。G Driver’s Licenseに比べると一部運転できる制限がかかります。

日本からオンタリオ州への運転免許証の書き換え方法

先ほどもお話ししたように、日本の運転免許証を持っている場合、筆記試験及び実技試験は必要ありません。また視力検査が行われます。それでは、細かく見ていきましょう!

運転免許証の切り替えに必要なもの

  • 日本領事館から発行される「自動車運転免許抜粋証明書」
  • 有効な日本の運転免許証
  • パスポート
  • 手数料(90ドル)

STEP 1. 日本領事館から発行される「自動車運転免許抜粋証明書」はどのように取得するの?

日本領事館(Consulate-General of Japan)へ行き、自動車運転免許抜粋証明書の発行をお願いします。トロントの領事館では、申請書を提出してから1週間後に発行されます。申請の際は、パスポートと日本の運転免許証が必要なので必ず持っていきましょう。受取りの際に現金で手数料25ドル(2017年7月現在)を支払い受け取ることができます。

ちなみに、日本領事館から出る「自動車運転免許抜粋証明書」は既に英文表記になっています。また国際運転免許証からオンタリオ州の運転免許証への書き換えは不可です。

▶︎発行手数料25ドル

自動車運転免許抜粋証明書の発行手数料は、25ドル(2017年7月現在)です。変更があるかもしれないので、詳細は領事館で確認をしてください。受け取りの際に、発行手数料は現金でのみ支払いが可能です。お釣りが出ないようにぴったりと持っていきましょう。

トロント日本領事館の詳細

電話番号:(416) 363-7038

住所  :77 King St W #3300, Toronto, ON M5K 1A1

受付時間:

日曜日 定休日
月曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
火曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
水曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
木曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
金曜日 9時00分~12時30分, 13時30分~16時30分
土曜日 定休日

STEP 2. 免許センターで運転免許書を発行申請

免許センター(MINISTRY OF TRANSPORTATION DRIVERS & VEHICLES LICENSE ISSUING OFFICE)へ行き申請、発行手続きをします。その際、視力検査と写真撮影などをします。運転時にメガネやコンタクトレンズの装着が必要な方は必ず持っていきましょう。その後、その場で仮の運転免許書を受け取ることができます。

手順1. 免許センターの受付で受付番号をもらう

免許センターに着いたら、受付で運転免許証の書き換えをしたいと伝え、受付番号をもらいます。必ず必要書類の「自動車運転免許証抜粋証明」、パスポート、日本の運転免許証の3点を持参しましょう。受付で必要書類が揃っているか確認されます。順番になると電光掲示板に番号が表示されるので、該当のデスク(担当スタッフの所)に行きましょう。

手順2. 必要書類の提出・写真撮影・視力検査

再度運転免許書の書き換えをしたいと申し出て、パスポートと日本の運転免許証の提示、自動車運転免許証抜粋証明を渡して、申請書類を記入します。申請費用の支払い、運転免許書用の写真撮影、視力検査を行います。申請費用は、90ドルです。(2017年7月現在)現金、デビットカード、クレジットカード(Visa/Mastercard)で支払いが可能です。また、運転免許書に記載される住所(郵送先の住所)を聞かれますので、住所とポストコードをメモしておきましょう。

日本の運転免許証は、提示のみで没収されることはありません。自動車運転免許証抜粋証明は提出が必要です。

すべての手続きが終わると仮免許が発行されます。

手順3. オンタリオ州運転免許書の受け取り

免許センターで申請した住所に郵送にて運転免許証が送られます。受理するまでには、約45日程度かかるとのことです。

MINISTRY OF TRANSPORTATION DRIVERS & VEHICLES LICENSE ISSUING OFFICE

電話番号:(416)235-2999

住所  :777 Bay St, Toronto Ontario M5G 2C8 (Lower Level)

受付時間:

日曜日 定休日
月曜日 8時30分~17時00分
火曜日 8時30分~17時00分
水曜日 8時30分~17時00分
木曜日 8時30分~17時00分
金曜日 8時30分~17時00分
土曜日 定休日

まとめ

以上、「超簡単!日本からカナダへの運転免許証の書き換え方法。」でした。

日本で運転免許証所持者であれば、筆記・実技試験が不要。申請の際に、申請書の記入、視力検査と写真撮影のみで簡単にオンタリオ州の運転免許証がゲットできてしまう。必要書類は、パスポート、日本の運転免許証、日本領事館発行の「自動車運転免許抜粋証明書」、手数料(90ドル)の4点のみ。

カナダで運転できるだけでなく、英語の政府発行の身分証明としても使えるので、移民の申請をする方には必ず持っておくと便利なものとなります。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA