留学して英語を話せるようになりたい!

語学学校・ホームステイ・空港送迎の手配・ビザ申請手続きサポートします!
現地サポートだからこそ、安心できる。

詳細はこちら

カナダのファミリークラス(結婚)で永住権取得するまでの流れ

トロント暮らし

移民の国カナダ。カナダへの移民方法は、多種多様です。いろいろある永住権取得方法の中でFamily Sponsorship【家族移民】で2018年に永住権を取得しました。家族移民の場合、2016年12月7日以前に申請をした場合、約2年ほど掛かっていたものが2016年12月7日以降に申請した場合約1年ほどで取得できるようになりました。申請してからの待ち時間が短くなったのはもちろん、その他プロセスが以前と全く違うようなので、最新版の情報を共有したいと思います。人によって申請の流れややり方は異なるようなので、あくまでも参考程度にして頂ければと思います。

最新版 カナダのファミリークラス(結婚)で永住権取得するまでの流れ

2017年2月下旬 結婚証明書の発行依頼

2017年6月下旬 カナダ国内からFamily Sponsorship【家族移民】で申請書類をCICに送付する。

20177月下旬 CICからE-MAILにて以前から持っていたCICアカウントと永住権申請のCICのページを関連付けのお願いの連絡

2017年8月上旬   Medical Examination(身体検査)とPolice Certificate(無犯罪証明書)と新たな申請書類を求められる

2017年9月上旬 再度申請書類をCICのページからアップロードするように連絡が来る。

2017年11月 追加書類の提出を求められる。

2017年11月 work permitの連絡がくる。

2018年1月下旬 永住権が承認される。

ざっくりと永住権申請から取得まで2017年から2018年にかけて上記の流れで進んでいきました。

それでは、詳しく見ていきましょう!

最新版のカナダ永住権申請から取得までの流れ

カナダにて結婚、Marriage certificate(結婚証明書)の発行をお願いする。

2017年2月下旬に永住権申請の必要書類であるMarriage Certificate(結婚証明書)の発行依頼をしました。
日本で結婚するためには、市区町村の役所へ行き婚姻届を提出を行い、完了となりますが、カナダで夫婦として認められるためには、法律的に結婚式を挙げる事が義務付けされています。結婚式を行った後、結婚証明書の発行を依頼しましょう!ちなみに申請をしてから取得まで約3ヶ月程度掛かります。また発行依頼をしないと結婚証明書は送られてきません。必ず発行の依頼をしましょう!

以前に▶︎結婚証明書(Marriage Certificate)の取得方法◀︎を詳しく紹介しているので参考にしてみてください。

Family Sponsorship【家族移民】申請書類をCICへ送付

2017年6月下旬カナダ国内からFamily Sponsorship【家族移民】で申請書類をCICに送付(国内申請)します。私は、この時点でトロントにある日本領事館にて日本の無犯罪証明書の発行をお願いしに行きました。(無犯罪証明書の発行申し込みから書類取得まで約45日〜2ヶ月掛かるため

※日本にいる時に無犯罪証明書を取得する場合は、その場ですぐに発行できるようですが、結婚証明書を依頼して待っている場合、書類が揃うまでに約3ヶ月は最低でも掛かってしまい、その間に取得した無犯罪証明書が無効になってしまい再発行しなければいけない場合もあるので、このタイミングでお願いする方がいいと思います。

CICより書類受理、アカウントの関連付けするように連絡が来る

申請書類を送付してから約1ヶ月後にCIC(Citizenship and Immigration Canada) よりE-MAILにて以前から持っていたCICアカウントと永住権申請のCICのページを関連付けのお願いの連絡がきます。

私の場合は、観光ビザの延長申請等などで以前CICのアカウントを作っていたので、古いCICのアカウントと新しく申請した永住権のアカウントのページを一緒にするようにと連絡がきました。ちなみにこれを行わないと取得までの手続きが遅くなるとのことです。

Medical Examination(身体検査)とPolice Certificate(無犯罪証明書)と新たな申請書類を提出

アカウント関連付けを行って1週間後くらいにMedical Examination(身体検査)とPolice Certificate(無犯罪証明書)と新たな申請書類を求める連絡がE-MAILできました。またApplication Number(申請番号)が正式にわかるので、この時点で就労ビザ(Open PermitまたはTemparary Residence)の申請をしました。

ここまでの手続きまで時間がかかるので、カナダ国内から申請する場合、申請番号を待たずに、最初に申請書類を送る際にOpen Permit(就労ビザ)の申込書を同封して郵送する方がいいかもしれません。(私の友人はほぼ皆最初に永住権と就労ビザの申請を同時に行っていて、そちらの方が就労ビザを早く取得していたため。)

①Medical Examination(身体検査)

Medical Examination(身体検査)は、必ずCIC指定のメディカルセンターで行います。身体検査に掛かる費用はメディカルセンターによって異なります。基本的に健康な状態であるか、HIVなどの病気を持っていないか調べるためのものらしいです。

②Police Certificate(無犯罪証明書)

Police Certificate(無犯罪証明書)は、日本のPolice Certificate(無犯罪証明書)と18歳以上で日本以外で6ヶ月以上住んだことのある国のPolice Certificate(無犯罪証明書)の提出を求められます。私の場合は、カナダと日本のものを取得しました。

つまり、人によっては他の国のPolice Certificateも必要になる可能性があるので、取得方法や取得時間など予め調べておきましょう

日本の▷無犯罪証明書(Police Certificate)の取得方法はこちら◁を参考にしてみてください。

カナダの無犯罪証明書は、カナダにあるPolice Station(警察署)に行って申請書類を記入して政府発行の身分証明書を2点見せれば約2週間で郵送されてきます。Police Certificateを発行できる警察署は場所によって異なります。トロントの場合、College and Yongeにある警察署で申請できます。

③新たな申請書

一番初めに提出した書類と似たような書類をまた埋めて提出しました。基本的なあなたと配偶者の情報や今まで住んだ国や時期、何をしていたかなどの内容が聞かれます。

再度申請書類をCICのページからアップロードするように連絡が来る。

申請書類がうまくアップロードできていなかったらしく、もう一度アップロードしました。

追加書類の提出を求められる。

CICから追加で書類を求められました。
内容としては、どのように出会って、結婚まで至ったかの経緯、過去交際中の会話のやり取り、一緒に旅行などに行った時の証明、一緒に住んでいたという証明等でした。一番最初に送ったはずが、また聞かれてしまったので、再度同じ情報を送りました。(カナダではよくあることです。)

交際中の会話のやり取りは、誕生日カードやスカイプのメッセージ、スカイプの会話履歴、フェイスブックのメッセンジャー、LINEなど連絡を取り合っていた履歴を送ります。

一緒に旅行などに行った時の証明は、写真やE-Ticket、ホテルの予約確認書等。

一緒に住んでいたという証明は、大家さんに二人の名前の書いてあるレシートを貰います。または住所の記載された書類を送ります。運転免許証または住所が記載された請求書(インターネットや銀行)等。

Work permit(就労ビザ)の連絡がくる。

先ほどもご紹介した通り申請から就労ビザ取得まで時間がかかるので、カナダ国内から申請する場合、申請番号を待たずに、最初に申請書類を送る際にOpen Permit(就労ビザ)の申込書を同封して郵送する方がいいかもしれません。(私の友人はほぼ皆最初に永住権と就労ビザの申請を同時に行っていて、そちらの方が就労ビザを早く取得していたため。)だいたい最初の申請書類を送って約4ヶ月程度で皆就労ビザの連絡がきているようです。

永住権が承認され、パスポートなどの書類を送るように連絡がくる。

永住権が承認されましたと連絡がきます。その4日後にパスポート・証明写真を撮って送るように連絡がきます。

送られてきた書類のコピー

今回この連絡がきましたという書類のコピー1通。

パスポートのコピー

カナダへ入国にビザが必要な場合、パスポート原本を郵送する必要があります。日本国籍であれば、カナダへの入国にビザは必要がないので、パスポートの顔写真のあるページをコピーして送付すれば問題ありません。パスポートは必ず一般旅券(日本だと紺または赤色)であること公用旅券・外交旅券は無効です。パスポートの有効期限が12ヶ月以上空路を使ってカナダに入国する場合は、入国前に必ずeTAの登録がオンラインで必要です。

証明写真2枚

CIC指定の写真サイズで、6ヶ月以内に撮影されたもので、白黒またはカラー、必ず写真屋で撮影されたものです。

返信用の封筒

Confirmation of permanent residence(永住権の確認書)が後日返送されてくるので、返信用の封筒にあなたの現住所を記載して、その他の書類と一緒に同封する必要があります。

Confirmation of permanent residenceの書類が郵送で送られてくる。

上記の書類を送って、1週間後程度でConfirmation of permanent residenceの書類が郵送されてきました。これはあくまでも確認書で永住権ではありません。この書類はCIC指定の日にちまでに有効にする必要があります。確か書類を受け取ってから6ヶ月有効だったと思います。

  • カナダ国内から永住権を取得
    指定のCICのオフィスにて永住権取得の手続きのアポイントメントをして簡単なインタビューを受ける。
  • カナダへ再入国して永住権を取得
    カナダから出国して再入国時に永住権を取得する。

上記2種類の方法で永住権を有効にすることができます。

私は、カナダへ再入国して永住権を取得しました。

トロントから一番近いバッファローまで車で行き、アメリカ側に一度出国後、Uターンしてカナダに再入国しました。この方法でLandingの手続きをする人が多いため、入国審査官も慣れています。

**ナイアガラ国境では、観光客も多く特に夏期は混雑して7時間以上待たされる可能性も多々あるようです。ナイアガラではなく、バッファロー(Buffalo)の国境の方がナイアガラに比べると空いているようなので、そちらで手続きをするようがオススメです。

書類に審査官と一緒にサインをしてPR獲得

入国審査官とは簡単なインタビューをして、Confirmation of permanent residenceに署名をして永住権が確定します。パスポートにConfirmation of permanent residenceをそのままホチキスで留められました。これがあれば旅行しても問題ないとのことです。

その後、PRカードは約6〜8週間で自宅に郵送で送られて来るとのこと。

その後、SINとHealth Cardの取得手続き

Social Insurance Numberの取得

最寄りのService Canadaで手続きができます。以前はSINカードがもらえたようですが、すべてオンラインになったため、番号だけもらえました。SINは発行されてから即日有効だとのことです。

Health Cardの取得

カナダのどこに住んでいるかによって行く場所が異なります。私の場合は、トロント(オンタリオ州)在住なのでService Ontarioへ行きました。永住権を取得した日から約3ヶ月後くらいにHealth Cardは自宅へ送られてくるとのことです。

まとめ

私の場合は、申請から永住権取得まで約7ヶ月掛かりました。しかし結婚証明書の発行等も合わせると約1年です。但し、プロセスに掛かる時間は本当に人それぞれです。3ヶ月で取れてしまう人もいれば2年かかる人もいたり、結婚でのカナダ移民の場合よっぽどのことがない限り、却下されることはないようなので、心配せずにCICからの連絡を待ちましょう。

但し、あまりにも連絡がない場合、直接電話やメールで問い合わせてみるとあっさり就労許可が出たりするようなので、後追いしてみるのもいいかもしれません。

※今回ご紹介した内容は私が実際に永住権の取得までの経緯です。申請方法や申請される方によって永住権取得までのプロセスが異なるようなので、参考までにご覧頂ければと思います。また詳しい内容においては、CICへ直接連絡をするかCICのウェブサイトから最新情報を確認されることをオススメします。

 

コメント