【2016年3月15日から】カナダへ旅行等での入国の際、必要になるeTA(電子渡航認証)とは?

【2016年3月15日から】カナダへ旅行等での入国の際、必要になるeTA(電子渡航認証)とは?

2016年3月15日以降にカナダへ観光もしくは経由される方必見!カナダ政府より最近、新しい入国要件が開始されることが発表されました。これは電子渡航許可(eTA)と呼ばれるもので、ビザが免除されている国の渡航者が飛行機でカナダに入国の際必ず必要になります。事前取得を必ずしましょう!

kokki

eTAとは実際何なのか、どうすればいいのか、どんな人が必要なのか等疑問があるかと思います。例えば・・

  1.  電子渡航認証(eTA)とは?
  2. どんな人が必要なのか?
  3. 申請方法・申請代金はいくら?
  4. 有効期限は?
  5. プリントアウトは必要なのか?

それでは1つずつ見ていきましょう。

 

1. 電子渡航認証(eTA)とは?

カナダ政府より、新しい入国要件が発表されました。

日本を含むビザ免除プログラム参加国から航空機でカナダへ入国する入国者に対し、eTA(Electronic Travel Authorization)の取得を義務化を決定しました。

news_cntower

カナダeTAについて早わかりできる動画 はこちらをクリック!

2. どんな人が必要なのか?

ビザが免除されている国の渡航者(日本国籍は該当)は、2016年3月15日以降空路で入国の際eTAを事前取得しておく必要があります。
※但し陸路・海路での入国の場合は、不要。

  • カナダ永住権保有者:
    空路でカナダに入国する際には、eTAは不要ですが、現行と同様に、カナダの永住者カード(permanent resident card)を携帯していることが必要です。 有効な永住者カードを持っていない場合はカナダ行きの便に搭乗できないこともあります。
  • 米国永住権保有者:
    空路でカナダに入国する際にはeTAが必要です(米国のグリーンカードも携帯していなければなりません)。 陸路または海路でカナダに入国する場合は、eTAは不要です。
  • 留学生/一時就労者:
    2015年8月1日以前に就学許可証/就労許可証の発給を受けていて、eTAが必要な国籍の方が、カナダから空路で出国と再入国を予定している場合は、eTAが必要です。

カナダに空路で入国?」より

 

 

3. 申請方法・申請代金はいくら?

こちらのオンライン申請で数分で手続きは完了できます。

申請料金:7カナダドル
申請に必要な物:パスポート、クレジットカード、Eメールアドレス

空港に着いてからでも、オンライン申請は可能ですが、システムメンテナンス等で申請ができない場合等は、飛行機に乗ることができません!
カナダへの旅行・渡航が決まり次第、なるべく早く事前に取得しておきましょう。

4. 有効期限は?

有効期間は5年間(期間中は何度でも入国が可能)。eTA 有効期間中にパスポートが切れた場合、eTA を再度申請・取得する必要があります。

5. プリントアウトは必要なのか?

プリントアウトは不要です。電子的にパスポートにリンクされます。
eTA取得したか聞かれた場合は、したことを伝えれば印刷したものを見せたりする必要もありません。

※eTA申請に登録したパスポートの内容と異なる場合、再申請が必要です。

まとめ

以上!eTAについてでした!
eTAは、あくまでも電子渡航認証であり、ビザではありません。
なので、入国審査官によっては入国拒否されることもあります。(何度も行ったり来たりしていない限りほぼ入国できます)

カナダへご旅行をされる方は、必ず前もって取得しましょう!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA