【留学・ワーホリでカナダへ】海外へお金を持って行き方。おすすめの方法とは?

留学・ワーホリ等で海外長期滞在する場合、気になるのがお金の持って行き方ですよね。
短期の海外旅行とは異なり、長期滞在ともなると、大金を持って行く必要があります。

今回は、カナダへお金を持っていく方法をご紹介します。

カナダへお金を持って行き方

  1. 現金
  2. クレジットカード
  3. 国際キャッシュカード
  4. 海外送金
  5. キャッシュパスポート
  6. トラベラーズチェック

1. 現金

私が日本からカナダへ来るときは、あまりお勧めできませんが、大金を飛行機に持ち込み現金そのまま持ち込んでました。とても危ないですが・・10,000ドルよりも少ない現金の持ち込みの場合は、税関への申告する必要はありません。

現金の換金は、日本で行うよりもカナダ入国してからする方が換金レートはいいです。
ワーホリ滞在の場合はカナダ到着後すぐに、カナダの銀行口座を開設することができます。
レートがいい時にタイミングよく換金して、銀行口座へ入金しましょう。

大金を持ち運ぶのは、あまりお勧めできませんが、到着して何か合った時や公共交通機関でカナダドルを使う可能性やちょっとした食事代にある方が便利な現金は、少し日本で換金して持ってくる方がいいですね。
※なるべく20ドル札以下の紙幣に換金してもらうようにしましょう。一般的に100ドル札や50ドル札はあまり好まれません。

2.  クレジットカード

両替の手数料もなく、現金の次にレートがいいのがクレジットカードです。
オンラインショッピングや旅行の時には、大活躍のことはもちろん。持ち合わせの現金がない時など何かと便利で役に立つのがクレジットカード!

クレジットカードは、念のため2枚以上持って行きましょう
万が一、盗難や紛失してしまった時のために1枚多めにあるといいと思います。

またクレジットカードの裏面にPLUSのマークが付いていれば、国際キャッシュカードとしても使えます。つまり海外のATMから現金が簡単に引き出せるということです!

国際キャッシュカード PLUSマーク

※AMEX(American Express)は、取り扱いをしているお店が少ないので、基本的にどこでも使えるVISAもしくはMaster Cardをお勧めします。2枚持って行かれる方は、VISAカード1枚、Master Card1枚持っていれば安心ですね!

3. 国際キャッシュカード

カナダや海外のATMなどを使って、その場で素早く日本の口座から直接、現地通貨(カナダドル)を引き出すことができるのが国際キャッシュカード。

カードの発行手数料や年会費が無料のものが多いです。とても便利ではありますが、一般的に日本国内でのキャッシング可能金額(限度額)よりも海外のキャッシングの方が、2倍から3倍高く設定されていることが多いです。ワーホリで1年滞在する人よりも、短期滞在者や何か国かに渡って旅行する場合に便利です。

ワーホリ等でお金を持って行くというところでは、どちらかというと向いていませんが、持っていても損はないかと思います。

4.  海外送金

日本の銀行からカナダの銀行へお金を送金すること。カナダでの銀行口座の開設が必ず必要です。1回の手数料で約数千円から5千円程度かかります。銀行よりも郵便局の方が手数料は割安です。大量にお金を持っていく必要がある場合は、海外送金は割と安い手数料で行えますが、送金するのに時間がかかったり、送金する側の手続きが大変なので、出発前に事前に調べて、手続き方法等、誰が送金するのか等、準備をしておきましょう。

5.  キャッシュパスポート

キャッシュパスポートとは、海外専用のトラベルプリペイドカードのことです。国際キャッシュカードと同様、海外のATMから直接現金を現地通貨で引き出しが可能で、クレジットカードのようにショッピング等でも使用できます。残高が少なくなった場合も、簡単にオンラインからチャージすることができます。またクレジットカードとは異なりカードの盗難や紛失にあった場合でもスペアカードが無料で発行されるので、手続きの面倒な紛失時の再発行等は、必要ありません。盗難や紛失にあった場合も引き続きスペアカードを利用して、カードが利用できます。両替のレートは、日本で現金両替よりもお得なレートで両替が可能です。また日本円を振り込み時に適応されるので、円高の時期を狙って入金しましょう!

▶︎とっても便利!キャッシュパスポート

6.  トラベラーズチェック

旅行者用小切手のことで、外国為替を扱う銀行や旅行会社で購入が可能です。 盗難や紛失の際もT/Cの番号を控えておけば再発行が可能であるため、安全面でのメリットがあります。現金と同様少ない手数料で安全に持ち運びができるトラベラーズチェックでした。

2010年にカナダへ来た時はトラベラーズチェックを持って大金を安全に日本から持ってきましたが、今回2015年に来る時はすでにトラベラーズチェック(カナダドル)は廃止されていたので、現金で仕方なく持ってきました。

現在は、2014年3月末以前購入したトラベラーズチェックの換金のみを行っていて、新規での購入はできなくなりました。

まとめ

今回現金を一緒に持っていくという選択をした私ですが、安全面からしてお勧めはしません。
クレジットカードでPLUSのマークの付いた国際キャッシュカード機能付きのVISAもしくはMaster Cardと万が一のための予備のクレジットカード合計2枚と現金200〜500ドル程度で日本の家族から海外送金をしてもらうのがいいかと思います。しかし、送金するまでに1〜2週間かかることを踏まえておきましょう。その間はクレジットカードを利用するまたは滞在期間分必要になる現金を持っていくなど。

逆に全ての高額決済が必要なものは全てクレジットカードで決済するなんてのもアリですよね。例えば、学費・航空券等。時と場合、自分にあった送金方法の参考になればと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA