留学して英語を話せるようになりたい!

語学学校・ホームステイ・空港送迎の手配・ビザ申請手続きサポートします!
現地サポートだからこそ、安心できる。

詳細はこちら

短期の宿泊先・滞在先の選び方。

多くのワーホリ・留学生は、シェアハウスが見つかるまでの最初の何週間又は1ヶ月間はホームステイや短期滞在できるゲストハウス・ホテル等に宿泊しています。今回あなたのプランに合った短期滞在できる宿泊先の選び方をご紹介します。

手段1 : ゲストハウス・ホステルを利用する。
手段2 : Airbnbを利用する。
手段3 : ホームステイを利用する。
手段4 : ホテルを利用する。
手段5 : Couchsurfingを利用する。
手段6 : クラシファイドで短期滞在可能なシェアハウス/ルームを利用する。

上記について詳しく見ていきましょう!

 

手段1 : ゲストハウス・ホステルを利用する。

おすすめ度     ★★★☆☆
節約度       ★★★☆☆
プライベート度   ★★☆☆☆
安全度       ★★★★☆
交通アクセス    ★★★★★

平均宿泊代金:1泊 約25〜40カナダドル。
お部屋タイプ:シェアルーム(二段ベッドが基本)、プライベートもあるが高額。
ダウンタウンへのアクセス:旅行客が多いことからダウンタウンに位置していることが多く交通のアクセスは◎。

手軽なのが「ホステルやゲストハウス」への滞在です。利用される方は、20〜30代の方が多く、旅行するバックパッカーや学生向けの安価な宿泊施設です(もちろん価格設定が安いというだけで、年齢制限などはありません)。カナダのゲストハウスやホステルでは、各国のバックパッカー以外にもワーキングホリデープログラムを利用してきている方も多いです。主に素泊まりとなりますが、宿によっては朝食が付いているところもあります。日本語が話せるスタッフがいる宿も場所によってはありますが、基本的に英語が必須です。他の国の方も多いので英語にどんどん挑戦したい、いろんな友達をバンバン作りたいなんて積極的な方にはオススメ!

ゲストハウス・ホステルの予約はこちら。

手段2 : Airbnb(エアビーアンドビー)を利用する。

おすすめ度     ★★★★★
節約度       ★★★★☆
プライベート度   ★★★★☆
安全度       ★★★★★
交通アクセス    ★★★★☆

平均宿泊代金:あなた次第。(1泊20ドルもあれば、1泊1500ドルなんていうのも有り!)
お部屋タイプ:あなた次第。(シェアルーム、共有バスルーム・キッチン付き個室、アパートや家まるごと貸切等)
ダウンタウンへのアクセス:あなた次第。(ダウンタウンに近ければ近いほど料金が高くなります。)

最もお勧めしたいのがAirbnbです。格安で現地の人の家に泊まることのできるサービスです。よく旅行に行く時や短期で滞在先が必要な時によく利用しています。ホテルのような一室をとても安価な値段で泊まれたり、ホテルやゲストハウスとは異なり実際に現地の方(ホスト)と触れ合うことやホームステイ気分が味わえます。一般の方がやっているということで気になるのが安全面ですが、Airbnbではレビュー制度を導入しているので、女性の方で知らない人の家に泊まるのは不安なんて方も、泊まった方のレビューを見て評価の良い方のところを選べば、とても安全です。困ったことや何かあった時もairbnbのカスタマーサービスは日本語で24時間対応しています。英語が不安な方も日本人や日本語の話せるホストが多く登録しているので検索してみましょう!

Airbnbのアカウントを作成して、こちらから旅行で使える45カナダドルのクーポン券をゲットしよう!

手段3 : ホームステイを利用する。

おすすめ度     ★★★★☆
節約度       ★★★☆☆
プライベート度   ★★★★☆
安全度       ★★★★★
交通アクセス    ★★☆☆☆

平均宿泊代金: 月 約700〜800カナダドル。(その他紹介料が100カナダドル程度かかります。)
お部屋タイプ: 個室。バス・キッチン共有。
ダウンタウンへのアクセス: 殆どのところはダウンタウンから遠いところにあります。

ホームステイは基本的に月額で1日3食付きのところが殆どです。紹介料も含めると一見高く見えますが、食事が付いていることと料理の手間を考えれば、安いですね。オンラインでホームステイを探すサイトもありますが、お勧めは現地留学エージェントまたは語学学校の紹介するホームステイファミリーです。ホームステイ先によっては料理が合わなかったり、ハウスルールがあったりして自由度は少ないかもしれませんが、海外経験・留学・ワーホリ経験なしの方には断然でお勧めです。

手段4 : ホテルを利用する。

おすすめ度     ★★★☆☆
節約度       ★☆☆☆☆
プライベート度   ★★★★★
安全度       ★★★★★
交通アクセス    ★★★★★

平均宿泊代金: 1泊 約100〜500カナダドル。
お部屋タイプ: 完全個室。
ダウンタウンへのアクセス: 大体ダウンタウンに位置しています。

お金に困っていない方は、一般旅行者と同じくホテルに滞在するのも良いでしょう。最も高額ですが、安全面やプライベート、交通の面ではパーフェクトです。その代わりに現地の方や他の人とのコミュニケーションは、とても少ないです。

▶︎Booking.com

▶︎エクスペディア

▶︎DeNAトラベル

手段5: Couchsurfing(カウチサーフィン)を利用する。

おすすめ度     ★★☆☆☆
節約度       ★★★★★
プライベート度   ★★☆☆☆
安全度       ★★☆☆☆
交通アクセス    ★★★☆☆

平均宿泊代金: 基本的に無料。
お部屋タイプ: リビングルームなどをシェア。
ダウンタウンへのアクセス: 場所は様々。

とにかく格安!!!っていう方には、なんと宿泊料金が無料のCouchsurfing(カウチサーフィン)!カウチサーフィンも現地の方の家に泊まるという部分ではAirbnbと似ていますが、Airbnbとは異なり代金を支払う必要がない(無料)のが特徴です。もちろん無料なので、リビングルームのカウチ(ソファ)を使わせてもらったり、床に布団を引いて寝たりすることも多くプライベートはあまりありません。Airbnbと同じくレビュー制度を導入していますが、やましいことを目的にカウチサーフィンをしている方もいるので、女性1人での宿泊はあまりオススメできません。

手段6 : クラシファイドで短期滞在可能なシェアハウス/ルームを利用する。

おすすめ度     ★★☆☆☆
節約度       ★★★★☆
プライベート度   ★★★★☆
安全度       ★★★☆☆
交通アクセス    ★★★☆☆

平均宿泊代金: 月 約400〜600カナダドル。
お部屋タイプ: 基本的に個室。バス・キッチン共有。
ダウンタウンへのアクセス: あなた次第。

短期滞在可能なシェアハウスやルームをオンラインクラシファイド(英語:Kijiji/Craigskist、日本語:e-Maple/JpCanada)等を使って探すことも可能です。基本的にカナダでは実際に家を見学に行ってからお部屋の契約をすることが多いです。日本からのお問い合わせだと基本的にメールや電話のみで、仲介会社がいるわけでもないので、当日行ったらお部屋がないなんてことも有り得ます。おすすめ度は星2つです。

 

まとめ

総合的におすすめは、airbnb(エアビーアンドビー)!
留学・ワーホリ・海外初心者は、断然安全のホームステイ!
とにかく節約・格安でワーホリなんて方には、Couchsurfing(カウチサーフィン)!
お金に余裕があって、安全面、プライベート面、交通アクセス面は絶対なんて方には、ホテルをおすすめ!
積極的に同年代の友達やいろんな人に関わっていきたい!なんて方にはゲストハウス・ホステルをおすすめ!
オンライン・クラシファイドはあまりおすすめできませんが、利用する際は、十分に注意しましょう。

いかがでしょうか?
あなたにあった短期宿泊先・滞在先の選択に役立てばうれしいです。