ワーホリの申請条件・ワーホリの期限

アイキャッチ

【ワーホリの定義】

Description: The Working Holiday category is designed for Japanese citizens who intend to travel in Canada and who wish to find temporary paid employment to help pay for their trip (up to 12 months).

CIC.gc.ca(2016年4月11日現在)

カナダのワーキングホリデーは、カナダを旅行・海外生活経験を目的とする方のため、またその旅行もしくは海外生活に必要な費用を補えるように一時的な就労が許可されているプログラムです。(有効期限は12ヶ月間)

▶︎ワーホリでできることについてもっと詳しく見る

日本国籍の方の場合、1人1回のワーキングホリデープログラムの利用が許されています。
プログラム参加の際に必ず下記に該当していなければなりません。

【申請条件】

Note: As a Japanese citizen, you may participate in IEC only once.

To be eligible for the Working Holiday category, you must:

  • be a Japanese citizen,
  • have a valid Japanese passport for the duration of your stay in Canada—your work permit in Canada will not be longer than the validity of your passport,
  • be between the ages of 18 and 30 (inclusive),
  • have the equivalent of CAN$2,500 to help cover your expenses in Canada,
  • be able to take out health insurance for the duration of your stay—you may have to present evidence of this insurance when you enter Canada,
  • be admissible to Canada,
  • have, prior to departure, a round-trip ticket or demonstrate that you will have the financial resources to purchase a departure ticket at the end of your authorized stay in Canada,
  • not be accompanied by dependents, and
  • pay the fees.

CIC.gc.ca(2016年4月11日現在)

  1. 日本国籍を有する
    日本とカナダでのワーキングホリデープログラムなので、日本国籍の方が対象となります。つまり、日本の永住権を持っているだけでは参加できません。自国でカナダと同じプログラムがあるか確認する必要があります。


  2. カナダに滞在中に有効な日本国旅券(パスポート)を有する
    カナダ入国時に一年未満の有効期限の旅券を持っている場合、ビザがそのパスポート有効期限を越えて発給されることはありません。パスポートの有効期限が一年きっている場合は、必ず日本で再発行の申請を行いましょう。


  3. 申請時18歳以上〜30歳以下の方(出発時ではありません。)
    ▶︎ワーホリの年齢制限についてもっと詳しく見る
    ワーホリに参加申請ができるのは、申請時に18歳以上〜30歳以下の方です。ビザが発行されてから入国まで1年間の猶予があります。ビザ取得済みの方でその有効期間内に入国すれば30歳以上の方でも問題ありません。


     

  4. 最低 CA$2500を有する(日本円で25万円相当)

    ▶︎ワーホリの費用・予算についてもっと詳しく見る
    入国時に残高証明書の提出等は、ほぼありませんが、日本と物価がほぼ一緒なカナダで無一文できて生活するには、とても大変です。ワーホリ資金として約100万円程度は持って行くことをお勧めします。


  5. カナダ滞在する期間、カバーできる医療保険への加入を行うこと(入国時に保険証券を確認される場合もあります)
    カナダ滞在中に何かあったときのためにカバーできる医療保険への加入を求めるものです。海外での入院・手術・検査はとても高額です。万が一のため保険の加入は絶対忘れないようにしましょう。


  6. カナダに入国できる権利・資格があること
    この意味は詳しく説明されていませんが、法的にカナダ入国が出来る状態であるということ。


     

  7. 往復航空券の保持もしくはカナダより出国の際に帰国の航空券を購入できることを証明できる証明書を持っていること観光ビザ等と異なりワーキングホリデーでは片道航空券のみでカナダへ入国することができます。但し帰国の際の航空券を購入できるかどうか確認をされた場合説明義務があります。

  8. 扶養家族が同行しないこと
    扶養家族(子供など)と同行はできません。夫婦で申請することは可能です。(別々での申請となります。)


     

  9. ビザ申請料の支払いを行うことビザの申請料金は、150カナダドルです。支払いはオンラインよりクレジットカード(VISAもしくはMaster Card)決済のみです。

 

英語で見ると難しく感じますが、年齢制限以外は、結構当たり前のことですよね!
カナダのワーキングホリデービザは年々厳しくなっているようですが、イギリスの年間人数制限1000人に比べればとても取りやすくなっています。
犯罪歴があるとかでなければ、申請を満たしていればほとんどの方が取得可能です。