【必見】そうだったのか!カナダでの飲酒での注意!

そうだったのか!カナダの飲酒について。

お酒を飲める年齢について

カナダでは、お酒に関してとても厳しい国です。
お酒の購入は一部の州を除き(ケベック州等)、州のライセンスを取得したリカーストアで買うことができますが、日本のようにコンビニエンスストアやスーパー、自動販売機などではお酒を買うことができません。

日本では問題ない方であっても、アジアの方は特に若く見られるので、カナダではお酒の購入・バー・ナイトクラブへ行く際は、年齢確認を厳重にされます。
お酒を購入する際またはバーやクラブへ行く際は、正式な写真付きのID(パスポート・カナダのドライバーライセンス等)を持ち歩きましょう。

カナダで飲酒が可能な年齢は、州によって異なります。例えば、バンクーバーやビクトリアのあるブリティッシュコロンビア州やトロントのあるオンタリオ州で19歳からとなっていて、バンフやジャスパー、カルガリーがあるアルバータ州、モントリオールのあるケベック州、それからマニトバ州、プリンスエドワードアイランド州は18歳からとなっています。

ナイトクラブへ行ける年齢は、飲酒が可能な年齢と同じですが、ナイトクラブによっては21歳以上でないと入れないところも少なくないです。

 

 

飲酒と法律について

レストランやバーなどでは、午前3時以降にお酒を飲むことは、法律で禁止されています。
日本のように朝までお酒の飲めるところはありません。

カナダのほとんどの州では屋外での飲酒行為も法律で禁じられています。
屋外
で飲酒をしていた場合、罰金が科せられます。
もちろん夏になると、公園やビーチでピクニックをしながら、紙コップ等にお酒を入れ替えて飲んでいる方もいますが、見つかった場合、罰金を支払わなくてはいけません。
プライベートスペース(家のベランダ・ポーチ・バックヤード等)では、もちろん飲酒可能です。またお酒の販売のライセンスのあるレストランやバー、ポップアップストア(一時的なレストランやバーブースなどの仮店舗)での飲酒は可能です。

お酒が購入出来る場所

カナダでは、一部の州を除き、州のライセンスを取得したリカーストアで買うことができますし。日本のようにコンビニエンスストアやスーパー、自動販売機などではお酒を買うことができません。
ちなみに私がモントリオールへ行った時はコンビニやスーパーでお酒が買えました。

【お酒が買える場所】

  • LCBO(エルシービーオー):ワイン・ビール・リキュール様々な種類のお酒が手に入ります。

    LCBO LCBO

  • The Beer Store (ビア・ストア):ビールを中心に販売しているお店。

    The Beer StoreThe Beer Store

  • Wine Rack(ワインラック):ワインを中心に販売しているお店。
wine rack store

wine rack store

空き瓶などは、リカーストアへ持って行きリサイクルするとお金がいくらか戻ってきます。

カナダのおすすめなお酒について

  1. アイスワイン
    カナダで有名なお酒といえば、"アイスワイン(Ice Wine)"!
    アイスワインとは、氷結したブドウから造られるワインのこと。主な国や地域圏のワイン法では、アイスワイン用のブドウを収穫する際の気温は -7℃ を下回るべき旨を定めてられていて、監視のもと一つずつ手作業で収穫されます。-7℃ 以下ではブドウ果実に含まれる水分は凍結されるが、氷晶の成長と共に糖やその他の溶質が未凍結の部分に追い込まれ、成分が濃縮されると言われています。カナダとドイツで取れるブドウから出来るワインが正式なアイスワインとされています。アイスワインは、製造に時間と手間がかかり、製造量も少ないため、とても高価なワインとなります。

    有名なカナダのアイスワイン

  2. カナディアンビール(Canadian)
    ほとんどのバーや酒屋で置いてあるカナディアンビールは、カナダで最も有名なビールです。さっぱりととても飲み易いスタンダードな味です。

    カナディアンビール

  3. おすすめは、クラフトビール Craft Beer(地ビール)
    最近とても人気なクラフトビール。トロント市内のクラフトビアバーはいつも賑やかです。トロントの酒屋さんでもオンタリオクラフトビールのコーナーがあり、輸入ビールより少し高いですが、購入することができます。
    日本では手に入りにくいので、この機会に挑戦してみてください。

    クラフトビア

カナダの生活情報についてもっと詳しく見る