超危険!?実際にあった海外旅行で日本人がやりがちな5つの行動。

実際にあった海外旅行で日本人がやりがちな超危険な行動5つを選びました。日本では普通に当たり前の行動ですが、海外ではとても危険な行動かもしれません。特に「世界一周旅行などに行く方、世界一周に関わらず海外旅行へ行く方は、必見!」です。

これは私が旅行会社で働いていた時の実際にお客様に合った出来事、また新聞で報道された出来事からご紹介しています。

実際にあった日本人がやりがちな超危険行動とは

水道水で歯磨きをする、公共の場で手を繋ぐ、タクシーを道端で拾う、仲良くなったので飲みに行く、これって日本では当たり前の行為ですよね。但し、この行為は、海外ではとても重大な事件に巻き込まれてしまう超危険な行動なのです。

  1. 水道水で歯磨きをする
  2. 公共の場で手を繋ぐ
  3. むやみに知らない人と話す
  4. 誘われて飲みに行く
  5. タクシーを道で拾う

それでは、順番に見ていきましょう。

1. 水道水で歯磨きをする

特に発展途上国などで危険な行為になるのが、「水道水で歯磨きをする」です。お腹を壊して、楽しい旅行が台無しに・・ひどい人は病院に行く羽目になってしまうかも!?

「水道水を飲んではいけない」というのは、わかっていても「水道水で歯磨きをしてはいけない」なんて意外と油断をしてやってしまう行為ではないでしょうか?

人の体質にもよりますが、結局は水道水なので、口に含むこともしない方がいいです!

また、これに似ていて、ついついやってしまう行動が、「氷の入った飲み物を飲む」です。氷も水道水を使われている可能性が高く、私の友人は、このせいで1週間以上下痢が続き結局病院へ行く羽目になってしまいました。

2. 公共の場で手を繋ぐ

ヨーロッパや南米などの国に行くとそこら中でキスをしているカップルを見かけると思います。海外では、カップルが公共の場で堂々とイチャイチャするイメージを持っている日本人も多いかと思います。そんなあなた、イスラム教の国では十分に注意が必要です。

「公共の場で手を繋ぐ」「公共の場でキスをする」この行為によって、逮捕されてしまうかもしれないんです。

実際に、イギリス人カップルがイスラム教の信仰する国へ旅行に行き、公共の場でキスをしていたところ、逮捕されてしまうというニュースも報道されるほど。同性同士での「手を握る」「挨拶のキス」という行為は、「友情」「信頼関係ができている」といういい意味で受け取られます。しかし異性同士の場合は、決して許される行為ではなくひどい時は逮捕されてしまうのです。

3. むやみに知らない人と話す

これは私の友人が実際に体験した話です。彼女はヨーロッパ旅行へ行きました。英語での会話は堪能で、またフレンドリーな性格なため、旅行中に話しかけられ、ついつい会話に花が咲き会話に集中していたようです。会話がある程度終わり、バイバイした後に、自分の財布がなくなっていることに気づき、あれはスリだったと気づいたそうです。

実は、会話してきた人は、彼女の気をカバンからそらして、後ろから違う奴が財布を奪って行ったのだそうです。

旅行で楽しい気分になるのも仕方ありませんが、そんな旅行客を狙ったスリがヨーロッパには多くいます。知らない人に声を掛けられた場合、十分注意しましょう

私の経験上、「話しかけてくる人は信じない。」です。自分から話しかけに行く分には、問題はないと思いますが、声をわざわざ掛けてくる人は大体何かある可能性が高いです。

4. 誘われて飲みに行く

これは以前旅行会社で働いていた時のお客様にあった実際の話です。イタリア旅行へ行き、地元のイタリア人と仲良くなったお客様は、夜一緒に飲みに行くことになりました・・。起きると下着一枚、所持していたもの全てなくなっていたとのこと。飲みに行った後の記憶が一切ないとのこと・・。

つまり、お酒に睡眠薬等を入れて眠らせて、その後身ぐるみを剥がして、所持金や高価なもの全てをとって逃げたそうです。

ちなみに、このお客様は、男性でした。そう、女性男性に関わらずむやみに知らない人と飲みに行くのは危険です。特におごってもらう時、席を外した時などに睡眠薬や薬を入れられるかもしれません。

「フレンドリー=いい人」と勘違いをしないこと、あちらは「日本人=騙しやすい」と考えているかもしれません。もちろん、全ての人が悪いわけではないです、見ず知らずの人には十分に注意をしましょう。

5. タクシーを道で拾う

特に南米、中米、アフリカなどで注意したいのが、道端でタクシーを拾うこと

これで有名な話が、エクアドルの都市、グアヤキルで日本人カップルが流しのタクシーを広い殺されてしまった話です。

ある地域の現地の人は、絶対に流しのタクシーは使いません。危険な国では、基本的に家からタクシー会社に電話をしてタクシーを呼ぶか、レストランやホテルからタクシーを呼んでもらうようにお願いするのが一般的です。もちろんこれは国によって異なります。カナダではみんな普通に流しのタクシーを拾います。しかし、メキシコでは、現地の人でもちゃんとタクシー会社に連絡をしてから、タクシーに乗ります。

まとめ

以上、超危険!?実際にあった海外旅行で日本人がやりがちな5つの行動。でした。

旅に出ると、日頃の生活からの解放感もあって、ついつい油断が生じがちです。こうした心のスキが、海外では、取り返しのつかない結果を招きかねません。旅行中は、旅行先国の法律を守り、風俗や習慣に配慮した行動を常にとるよう心がけましょう。トラブルに巻き込まれないためにも、旅行に行く前から、ウェブサイトなどで、「国名 注意すること」などで検索をして情報を確認したり、現地の人にも確認できるようであれば、お話をし、情報を得ることがとても重要です。

今回、結構大げさなものを並べてしまいましたが、十分に注意をして旅行を楽しんでもらえればと思います^^

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA