\カナダへ留学・ワーホリ・移民したい人を現地トロントより応援!/

「一応」「念のため」って英語で何ていうの?状況やシーンによって使い分ける英語フレーズ例文集

ビジネス英語

何かを再確認したい時や万が一に備えておきたい時に「一応」「念のため」「万が一のため」っていいますね。それでは英語では何て言うんでしょう?実は、一応・念の為って日本語はどんな場面でも使える便利な言葉ですね!残念ながら英語には、これに代わる言葉はありません。そのシーンや状況に合わせて英文作る必要があります。ということで今日はシーンや状況に合わせた英語例文フレーズをご紹介します。

「一応」「念のため」って英語で何ていうの?状況やシーンに合わせて使う英語フレーズ集。

まず日本語で、一応・念のための意味は、「大丈夫だとは思うが、万一の注意のため。」また、万が一の意味は、「ほとんどないが極めて稀にあること。」という意味になります。そしてこの意味に近い英語は下記のようになります。

それでは、状況やシーンに合わせた念の為、万が一、一応の例文を見ていきましょう。

Just in case / in caseを使って”念のため・一応”を表す

“Just in case”と”In case”の違い

In case は、文頭で使っても文末では使いません。文末で使う場合は、justをつけて、just in case という必要があります。また「Just in case」だけで文章として使えるのに対して、「In case」だけでは、文章になりません。

“Just in case”を使った英文フレーズ

先ほど言った通り、Just in caseは、文頭・文中・文末、さらに単体でも使える便利な英語フレーズです。これから紹介していく英語フレーズの中でも一番日本語の”一応”に近い英文フレーズになるかと思います。

Let me double check just in case.
 →一応、再確認をさせてください。

just in case it rains, I took an umbrella.
 →万が一雨が降った時のために、傘を持ってきました。

I am going to bring some money just in case.
 →万が一のために、いくらかお金を持っていきます。

Please give us your name and phone number just in case.
 →念のため、お名前と電話番号を教えてください。

I will keep it just in case.
 →念のため、とっておきますね。

Thank you for contacting to my client. 
 →(私の代わりに)お客様に連絡してくれてありがとう。
Just in case. 
 →念のためにね。

“In case・In case of”を使った英文フレーズ

In caseは、Just in caseのように文末や単体で使うことができません。”In case”を使う場合は、そのあとに続く言葉が必要です。そのあとに続く言葉が、単語の場合は”In case of ~”で、文章であれば”In case ~”という形になります。

In case nobody answers please nock the door loudly.
 →一応、誰も出なかった時のために、大きめにドアをノックしてください。

I’ve ordered the extra, in case of shortage.
 →一応、不足した時のために、多めに注文しました。

I will leave you my phone number in case of emergency.
 →緊急の時のために、一応私の電話番号を伝えておきますね。

I wanted to have evidence in case something happened. 
 →万が一何かおきた時のために、証拠を持っておきたかったんです。

To make sure / To be sureを使って”確認のため、念のため”を表す

I will e-mail you once again to make sure.
 →念のため、もう一度メール致します。

Can you remind me later just to be sure
 →一応念のために、またあとで忘れないように教えてくれる?

Let me make sure if everything is okay.
 →全て大丈夫かどうか、念のため確認させてください。

To be sure that the letter is properly addressed.
 →手紙の住所が正確かどうか確認してください、念のために。

Do I need to do this? 
 →これ本当にやらなきゃいけないの?
Yeah, just to be sure.
 →そうだね、万が一のためにね。

To be safe / To be on the safe sideを使って”大事をとって・用心のため・余裕を見て”を表す

I didn’t feel well tonight, and to be on the safe side, I didn’t drink any alcohol at the party.
 →今夜はあんまり体調がよくなかったんだ、一応大事をとって、今日はパーティでお酒は飲まなかったよ。

 It is best to be on the safe side.
 →余裕を持っておくのがベストだね。

To be on the safe side, it is better to go to the doctor right now.
 →大事をとって、今すぐ医者さんに言った方がいいよ。

Let me double check to be safe.
 →用心のために、再確認をさせてください。

Just to be safe, I will send extra money.
 →余裕を見て、余分にお金を送るよ。

To remind you that を使って”一応・再確認のため”を表す

I would like to remind you that we haven’t received the documents yet.
 →まだ書類を頂いていなかったので、再確認のためご連絡させて頂きました。

This is a reminder that your reservation has been cancelled.
 →ご予約はキャンセルされました、再確認のためご連絡します。

I am contacting to remind you that the payment is due next Friday.
 →お支払いが来週の金曜日までに必要なので、確認のため、連絡をさせて頂きます。

もっとフォーマルに言いたい!ビジネスで使えるフレーズ

Just in caseだと、なんかカジュアルな感じがする。もっとビジネスシーンでも使えるフレーズはないのかな?と言う方のために、追加フレーズを少しながらご紹介します。

I attached the documents in case it’s needed.
 →念のため、必要な時のために、書類を添付させて頂きました。

For your convenience, I have attached the original document.
 →必要な時のために、こちらに原本を添付させて頂きました。

I have also attached the original document in the event that you need it/it is required.
 →もしかしたら必要になるかと思いまして、原本もこちらに添付させて頂きました。

まとめ

以上、「一応・念のためって英語で何ていうの?状況やシーンによって使い分ける英語フレーズ例文集」でした。

コメント